カオスその2

その1

前回の最後で、イズミ、BPパックの紹介と書きましたが、その前にカオスのルール説明書いとこうかなと
説明にはトレーディングカード独特の用語があるので、下記アドレスを参照して頂けるとより理解していただけるかなと
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AE%E7%94%A8%E8%AA%9E%E4%B8%80%E8%A6%A7


a0168287_21392886.jpg

いかせん慣れない作業のため汚いのですがw
①カードのイラスト。
下にある数値はオレンジのが現在の攻撃力、青いのが現在の耐久力となります。
②カード能力の説明です。
左上からカードナンバー、レアリティ(これはアンコモンになります)、属性
2段目に移って、キャラの名前
3段目、元々の攻撃力と耐久力。その右が補正攻撃力と補正耐久力です。補正数値はパートナー(後でまた説明します)に選んだキャラに対する補正です。
4段目、カードの種類。カードはキャラ、イベント(魔法)、セット(装備)の3種類あります。
一番下の段はこのキャラが所属してるところになります。
③キャラの能力、もしくはフィールドに出るための条件などのテキスト欄です。
④パートナーカードです。
このゲームのキャラにはパートナーとフレンドに分別されまして、場にパートナー1枚とフレンド4枚まで出すことが出来ます(同名キャラは場に2枚以上出すことが出来ません)
パートナーは色々と特典があって、補正攻撃力、補正耐久などのボーナスが付くのがもっとも大きな特徴と言えます。
ちなみにキャラの下に1枚紫のカードが重なってるのですが、これはセットカード(装備)がついてる状態です。
⑤フレンドカードです。
これは裏返った状態(戦闘不能)になってる所でして、この状態だと基本何も出来ません。
ターンエンド時に1枚だけ裏返ったカードを表にする事が出来るので、その時に表にするか、キャラカードを表にする能力のカードを使うかしないと表にならない状況です。
⑥フレンドが横になった状態です。
攻撃を行う、もしくは横にして発動する能力を使うとキャラは横になってしまい、相手のターン時、相手の攻撃を防御することが出来ない状態になっています。
この状態は自分のターンが来たときに回復します。
⑦自分の手札になります。
ピンクの枠がキャラカード、薄緑の枠がイベントカード(魔法)、ここには無いですが紫のカードがセットカード(装備カード)です。
⑧控え室、専用用語で言うと墓地です。使用したカードがここに行きます。
クリックすると中の様子を見ることが出来ます。
⑨デッキの残り枚数です。
相手のデッキを0に出来れば勝利となります。
⑩ターンの進行欄です。
今ターンのどこにいるのか表してます。メインフェイズ、バトルフェイズ、場合によってエンドフェイズ以外は自動で進むので楽チン
⑪相手の状況です。

その他。⑩の下にあるインフォをクリックすると動作説明を受けることが出来ます。この画面には無いですが、
通常戦闘だとここにチャットの項目もあり、相手とチャットする事が出来ます(これはNPC戦のSSなのでチャット欄がありません)
赤いのはそのまんま、ギブアップです。基本的に押すことはありません(押しても何も得られないからです)


画面の説明はこんな感じかな。


次に軽くルールの説明です。

まずカードには3種類あって、
キャラ(パートナーとフレンドにあたります)
イベント(メイン、バトルフェイズに使うことが出来る使いきりの補助カードです)
セット(キャラをサポートする装備カードです。基本破壊されるまでフィールドに残ります)

カオスの特徴はパートナーカードになると思います。
↑の方で少し出てきましたが、このパートナーに設定したキャラは最初からフィールドに登場した状態で戦闘が始まります。そしてフレンドには無いボーナスとして、攻撃と耐久に補正がつきます。
また自分のターンエンド時に横になっていた場合、自動的に元の状態に戻ります。
フレンドは基本パートナーのサポート役ですね。4枚まで場に出すことが出来ます。
パートナー、もしくはフレンドで相手のデッキを攻撃し、相手のパートナーとフレンドでそれを阻止するのが主な動きとなります。

攻撃についてですが、自分が攻撃する場合、自分の攻撃が相手の耐久に、相手の攻撃が自分の耐久にダメージを与えます。
これが攻撃>耐久になった場合、そのカードは裏(戦闘不能)になり、再度表になるまで行動できない状態となります。
攻撃<耐久になった場合、その耐久から攻撃分引いた数値が耐久として残ります。減った耐久はそのターンのすべてのバトルが終了した時に全回復します。
防御されなかった場合、攻撃の数値がそのままデッキにダメージとして入り、5点なら5枚のカードが控え室(墓地)へ送られます。

カードの能力について
カードの能力は多種多彩ですが、スキルといわれる一部の能力について説明します。
スキルには現在5種類ありまして
先制攻撃
攻撃時のみ相手より先に相手に攻撃する事が出来る。
先制防御
先制攻撃の反対で、防御時のみ相手より先に相手に攻撃することが出来る。
貫通
攻撃時のみ相手の耐久より上回った攻撃分だけ相手のデッキにダメージを与える。
反射
こちらは貫通の反対で、防御時のみ相手の耐久より上回った攻撃分だけ相手のデッキにダメージを与える。
相手選択
微妙スキルなんですがw相手がキャラで防御しなかった場合、デッキにダメージを与える代わりに相手のフィールドにいるキャラにダメージを肩代わりさせるスキルです。
よく間違われるのですが、決して相手の防御キャラを指定できるスキルでは無いです。

この5種類のスキルをうまく使うことが勝利への近道と言えるでしょう。
中でも貫通と先制防御が強いのでお勧めです。

長くなりましたが、ルールの説明をここら辺で終了にしたいと思います。
次は無課金で使えるイズミ、BPパックのお勧めカードの紹介をする予定です。

その3
[PR]

by chaoson | 2010-01-28 22:34 | カオスオンライン